小物選びに迷ったら!着物に合う小物選びのポイント

g-03-01.jpg

着物を着た時に、「着物に合わせる小物がわからない」「どんな色の小物を合わせればおしゃれに着こなせるのか」ということで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

私たちが普段着ている洋服とは異なるおしゃれです。着物に合う小物選びのポイントを知り、おしゃれに着物を着こなしましょう。

 

同系色の小物を合わせる

着物や帯の柄の中の一色と小物の色を合わせる方法です。着物や帯の柄の中から一色を選び、帯締め・帯揚げを色合わせすることで全体が落ち着きまとまります。中でも帯締めはやや濃いめ、帯揚げはやや薄目を合わせることで、一段と安心感のあるおしゃれになります。

 

あえて反対色で合わせる

着物と帯をあえて反対色に合わせる方法もあります。このような合わせ方は、やや上級者向けになりますが、若々しさや粋な印象を与えます。この場合の小物合わせは、帯締めまたは帯揚げのどちらかをしまった色で合わせて、キリッと感を出せれば、アクセントのあるおしゃれを楽しめます。

 

色のトーンを統一する

色調や明るさを統一する合わせ方もあります。例えば、ベージュ系の着物ですと帯や小物類もベージュ系に統一すると落ち着いた大人の雰囲気になります。しかし、この場合もすべて同じトーンにしてしまうと地味でやぼったい合わせ方になりますので、帯締めか帯揚げでアクセントをつけるようにすると良いでしょう。

着物や帯ばかりに重点を置きがちですが、実は小物も帯や着物を引き立てる大きな役目があります。上記のような小物選びのポイントを押さえながら、自分なりにアレンジを加えおしゃれな着物スタイルを楽しんでみてください。

             

​