​子供用の着物の特徴

g-01-02.jpg

宮参りの初着は、三歳の七五三に身揚げなどをして着用できます。三歳児の女の子は、一つ身の着物に小の結び帯を付けるか、被布コートを着物の上から着せてあげます。

男の子は、一般的に五歳児でお祝いしますが、兄弟の兼ね合いで三歳児もお祝いされることもあります。その時は、宮参りに使った一つ身に、袴と羽織を着せてあげます。

男の子の五歳のお祝い着は、一つ身の着物では小さいので、三つ身仕立ての着物を用意し、五歳児用の羽織と袴を着せます。女の子は、五歳のお祝いはしませんが、兄弟の兼ね合いでお祝いされる場合、三つ身の着物に中の結び帯を締めてあげます。

女の子の七歳児のお祝いは、四つ身の着物で、宮参りの着物(一つ身)は着せることができません。四つ身の着物に大の結び帯又は子供用の袋帯を結ぶことができます。

どの年齢のお祝いも、一生に一回のことで、一回しか着ないから・・・ではなく、それぞれの時期に健やかに育ってくれた親や祖父母の思いを込めて、お祝い着を用意し、着せてあげたいものです。