他人と差がつく着付けのポイント!

帯をきれいに見せるには

g-04-01.jpg
g-04-02.jpg

帯には、様々な種類があります。初心者におすすめなのは、半巾帯や兵児帯と呼ばれる帯です。まだ着物に慣れていない初心者の方は、この帯結びをマスターして着物を着こなしてみましょう。

初心者におすすめの帯

半巾帯

袋帯や名古屋帯の帯巾の半分の幅の帯で、いろんな結び方ができます。主に浴衣などに結びますが、小紋や綿の着物に合わせることもでき、着物でデビューの方におすすめです。

兵児帯

芯を入れない布地の帯で、もともとは男性用の帯や子供用の帯として人気がありました。近年女性用の浴衣にも半巾帯とダブルで使われたりする帯です。女性用の帯結びは、帯の位置を高めに結ぶのかポイントです。

名古屋帯

半巾帯をマスターすれば、つぎは名古屋帯に挑戦しましょう。一般的に現代は袋帯が主流となっていますが、気軽なショッピングや気の合う仲間との食事会など、結婚式のような改まったところ以外では、袋帯を結ばなくても、名古屋帯で十分なおしゃれを楽しめます。かえって名古屋帯の方が、センス良く着こなしができることもありますので、TPOに合わせた帯選びを学びましょう。

きれいに結ぶためには素材や厚みも重要

帯をきれいに結ぶためには、素材や厚みも重要になってきます。絹、麻、木綿、化繊などです。中でも絹はしっとりと扱いやすく、一番締め心地の良い素材でもあります。

また、帯の厚みは適度にあり、しなやかなハリがあることも大切です。一昔前の帯は固くて分厚い帯が多く、形が作りにくい為、仕上がりもいまいちな印象になってしまいます。

初心者でも、基本的な帯の結び方をマスターすれば、自分で着物を着ることができます。次のステップで、一番支流の袋帯の帯結びをマスターしてください。袋帯の基本をマスターすれば、結び方をアレンジしながら着物を着ることで、着物ライフを楽しむことができます。

​