もしも外出時に振袖が着崩れしたら?すぐにできる対処法

g-03-02.jpg

慣れない振袖を着て、外出時に着崩れてしまったという経験をした方もいるのではないでしょうか。身近に着付けができる人がいれば安心ですが、そのような方がいない場合には自分で対処するしかありません。このような場合、振袖が着崩れてしまった時の対処について知っておくと安心です。

よくある着崩れとして、胸元が緩みはだけてしまうものです。このような場合は、左の身八つ口に左手を入れて、衿先をきれいに直します。それから上前の衿を直しながら、おはしょりの衿部分を引き整えます。胸元がはだけてしまうと、どうしてもだらしない印象を与えてしまいますので気を付けましょう。

また、初心者が着付けをすると動いているうちに帯が下がってくることがあります。このような場合は、帯の下に手を入れて持ち上げた後帯の上部を持って引き上げ元の位置に戻します。このような対処をしてもまだ下がってしまう場合は、腰に小さいタオルやハンカチなどを詰めると帯が下がりにくくなります。

腰ひもをしっかり締めていなかったり、裾を誤って踏んでしまった場合、裾が下がってしまいます。このような場合は下がっている裾を引き上げて、おはしょり下の腰ひもに入れます。化粧室などで腰ひもをきつく結び直せる場合は、締め直すと良いでしょう。

​